HISTORY

HISTORY

1984年
第3期SICK BOYS
Gazelle(vo)、HEIMA(g)、有賀正幸(b)、岸沢(dr/初期はMITSU名義で活動)
約1年の活動後解散。

1985年
Gazelle(vo)を中心に、後にPOISON(POISON ART’S)やDEATH SIDE、PAINTBOXで活躍するChelsea(g)、乱倫(dr)、そして乱倫の紹介で加入したKIBA(b)と共にASYLUM結成。
直後にメンバーチェンジ、SICK BOYSから有賀正幸(b)、岸沢(dr)を呼び戻す。ギターには当時NO LIPで活動していたAkiが加入。

1986年
ビデオV.A『HALLO GALLO』参加。(白塗り時代の貴重な映像。自虐者、幸福の終わりに、哀願、エサ、夢宴の5曲収録。)
 カセットV.A『乱痴気Aidおむにばす』参加。”Dead Line(Live)”収録。
LOVELY CHAOS RECORDSより、1stソノシート『ASYLUM』をリリース。
TRANS RECORDSから、EP『OUT IN THE STREETS』をリリース。
V.A 『N.G』に参加(ソノシートと同じバージョンの”夢宴”収録)。

1987年
TRANS RECORDSから、V.A 『N.G2』(Christmas NG)、
『N.G LIVE』(哀願/Ain’t No Crime)にそれぞれ参加。
1stアルバム『CRYSTAL DAYS』をリリース。インディーズ・チャート1位を軒並み獲得した。
TRANS RECORDSのイベントTHE GOLDEN DEATH VALLEYにてZOAとのカップリングソノシート”Come Together/豚の神様”を無料配布。

1988年
TRANS RECORDSから『NOTHIN’ TO BE A FRIEND』をリリース。
TRANS RECORDSのイベントTHE GOLDEN DEATH VALLEYを収めたビデオ『RED NIGHT AFFAIR』及びCD『THE GOLDEN DEATH VALLEY』に参加。
ビデオ『V.O.S』に参加。”Nothin’ to be a Friend”収録。
ビデオ『ROCKIN’DEX ’88』参加。”Ain’t No Crime”
以前からセッションや『Come together』ソノシート等でゲスト参加していたex.ゲンドウミサイル、TRASHのHIROSHI(g)が加入し5人編成に。

1989年
VICTOR RECORDSよりメジャーデビュー。アルバム『ASYLUM』リリース。
Akiが脱退し、DIP(当時はDIP THE FLAG名義で活動)のヤマジカズヒデが加入。
岸沢脱退、氏家EURO(dr)が加入。
ビデオV.A『原始』に参加。”Collectors”。
V.A『TRANS CRAZE』に参加。”Out in the Streets”、”White Dreamer”。
『CRYSTAL DAYS』日本クラウンJ.A.Pレーベルより初CD化。

1990年
岸沢復帰。
VICTOR RECORDSより3rdアルバム 『THE PIECE OF THE FOOLS』をリリース。
山中湖ビクタースタジオでの合宿レコーディングだったが、録音中にメンバー間に亀裂が生じ、ツアー後Gazelle以外のメンバーが全員脱退、活動休止を余儀なくされる。

1991年
Gazelle、GROGG CLOCKにゲスト参加し、関西方面へのツアー含む数回のライブを行う。
ASYLUM新メンバーを迎え再結成。
Gazelle(Vo.)、LIP CREAMのPILL(dr)、VIRUSのNOBORU(b)、GROGG CLOCKのMIWA(g)が参戦。
数回のライブの後ゲストギタリストを迎え、一時期5人編成に。

1992年
MIWAが脱退し、ゲストギターにZIGYAKU(愚鈍,BASTARD,JUDGEMENT)、前メンバーのHIROSHIを迎え、4thアルバム『BLIND EYES』リリース。
そのままHIROSHIを加え全国ツアーへ。
ツアー後Gazelleが脱退し、ASYLUM解散、Gazelleソロ活動がスタートする。
V.A 『GALAX 4』(SSE COMMUNICATIONS)に参加。ASYLUMからHIROSHIとNOBORU、GROGG CLOCK/NEUROTIC DOLL等でドラムを叩いていたUENO(dr)を召喚し”One Fine Day”を録音した。
またこの前後、HIROSHIが結成したSTONE FREEにGazelleがヴォーカルでゲスト参加し数回のライブを行っている。メンバーHIROSHI、有賀正幸、岸沢。
トランス時代のシングルやオムニバス収録曲を集めた『FAREWELL(to lovely…)SSEコミュニケーションズよりリリース。

1993年
V.A 『BRAIN TRASH』(BMG ビクター)に参加。前回より引き続きNOBORUが参加した他、ZOAの黒木真司をギターに、ガールティックのヴォーカリストである姫をキーボードに、NOBORUの友人HAYATOをドラムにそれぞれ召喚。”Night Walk”。
『CRYSTAL DAYS』SSEより再CD化。回転のおかしい不良品。

1994年
Gazelle(vo)、NOBORU(b)、姫(key)、UENO(dr)、を中心としたバンド編成でのソロ活動。ギタリストにはガールティックのNAOや奇形児、ばちかぶり等で活躍していたHiroshi Sekiguchi等が参加。
ビデオV.A『半透明にして下さい~フジヤマ10周年記念ライブ』に奇形児+Gazelleとして参加。奇形児の曲を演奏しているが実はこの日、奇形児のヴォーカリストYASUが突然来れなくなり、たまたま遊びに行ってたGazelleが急遽ヘルプで唄う事になったという嘘の様な本当のエピソード有り。Gazelleはこの日、歌詞の確認の為慌ててChelseaに電話、何とか本番に向かったが予定外の”袋小路”を演奏され(打ち合わせでは”気狂い病院”の予定だったとか)、仕方なくアドリブで唄っていた、らしい。

1995年
V.A 『N.O.S』(SSE COMMUNICATIONS)参加。Gazelle一人でコーラスを多重録音したアカペラ曲”Missing Pieces”収録。
NOBORUも参加していたHIROSHIのバンドBIG SUNを中心にした演奏者を迎え、ライブ活動を行う。

1997年
ユニット形態と弾き語り形態、それぞれのソロ活動に移行。ユニットには後にBACTERIAに参加する香川兵がwarr guitarで、ex.MOTHER GOOSE/AUTO MOD等のTELL(dr)等が参加していた。
ソロカセット『a few happy days go by』ライブ会場にて限定100本のみ販売。(“Empty Talk”,”Song and Leavings,in Peace”,About Thursday”)

1999年
Gazelle(vo,g,pf)、有賀正幸(b,cho)、TELL(dr,cho)の3人でGazelle’s GODBLUFFリハーサル開始。
結果表舞台に立つ事は一度も無かった。コーラスを大胆に取り入れたサウンドを目指していたがそれは2000年ASYLUMへと繋がる事になる。

2000年
ASYLUM再々結成。Gazelle(vo,g,pf)、HIROSHI(g)、有賀正幸(b)、岸沢(dr)の前メンバーに加え、37(cho)、恭子(cho)の女声二人が加入。
新宿URGAにて再結成ライブを行うも直後にHIROSHIと岸沢脱退。後任にはex.KNEUKLID ROMANCEのPON(g/当時はTETSU名義で活動)とPONの友人TTS(dr)。

2001年
メンバー脱退に伴い、ASYLUM活動休止。

2002年
Gazelle(vo)、Ucchi(g/PSY-DOLL)、タチバナユウ(key/ex.WALT FALL,NEUROTIC DOLL,DIFFERANCE)によるユニット『QUILLION SLEIGH』がデビュー。ミニアルバム『キリオンスレイの挨拶』(千リラチラリ)をリリース。クレジットにはリチャード・ドレイシー(dr)、砂漠の蘭(b)とあるが実際は Ucchiによる打ち込み。実在の人物では無い。
Gazelle初のソロアルバム『lost rabbit and clouds』(STILL LIFE RECORDS)リリース。
同発売記念ライブにて”Crystal Days/Early Morning”のpfバージョンを収録した『10.feb.2002』無料配布

2006年
Gazelle、ソロユニットで約4年振りのバンド形態でのライブを行う。参加メンバーは島(dr/ex.割礼、POETIC LANDSCAPE)、山際秀樹(g/割礼、血と雫)、ソヲラ(key/ex.ROUNDHOUSE他)
北村昌士追悼ライブに突如ASYLUMとして出演。Gazelle(Vo.,ag,pf)、八田敦(b/ex.HATE HONEY)、KOJI(g/ex.COCOBAT)、KANNO(dr/COALTAR OF THE DEEPERS,Demons)

2007年
STILL LIFE RECORDSより『CRYSTAL DAYS』『NOTHIN’ TO BE A FRIEND』のリマスター盤が発売。

2008年
八田敦脱退、後任にマリア観音、へたくそ等の活動で知られるしゃあみん(b,cel)が加入。

2010年
KOJI脱退、しゃあみんと母檸檬等で一緒に活動していたNOMU(g)加入。
結成25周年記念DVD『ASYLUM LIVE 2008-2009』を無料配布。
直後Gazelle失踪。ASYLUM解散。

2014年
Gazelle、旧友Chelseaの追悼ライブ「チェルシーの日」に、やはり旧友であるHIROSHIと共に”Gazelle+HIROSHI”として出演。約4年半振りに人前に姿を現す。アカペラでの”Night Walk”を含む5曲を演奏。

2015年
ディスクユニオン傘下のレーベルSUPER FUJI DISCSよりトランス時代の音源をまとめた2枚組『CRYSTAL DAYS+』が突如リリース。Gazelle監修の下、未発表曲、レア音源等含む大量のボーナストラックを追加。前身バンドSICK BOYSのデモ音源も発掘、収録される。
同12月、旧メンバー有賀正幸の娘、姫乃たまの単行本「潜行」出版記念インストアイベントにてGazelleゲスト出演。有賀(b)、姫乃(cho)、そして長男、有賀麻生(g)の4人で”NG”を演奏。

2016年
ASYLUM再始動。
Gazelle(vo,g,pf)、しゃあみん(b,cel)、KANNO(dr)の最終メンバーに加え、ギタリストにはHIROSHI再参戦。現在6月18日新代田FEVERでのライブに向けリハーサル開始。乞うご期待。

ASYLUM Official Site